レイクでお金を借りる★新生銀行レイクカードローンでお金を借りました!

レイクでお金を借りる方法をまとめます。無利息期間がある新生銀行レイクのカードローンでお金を借りました。他と比較してもメリットがありました。

レイクでお金を借りる為に知っておきたい注意点

レイクは、新生銀行のカードローンのサービスブランドであり、銀行のカードローンという扱いになります。一方でレイクはもともとは消費者金融であり、銀行のカードローンといっても内容としては消費者金融時代と変わらないものといえます。このためレイクには銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングの両方のメリットとデメリットが存在しており、上手に利用すれば有利にお金を借りることができます。

 

レイクでお金を借りるさいの申込みチャンネルは新生銀行が窓口となっているわけではなく消費者金融時代のものが使われています。このため主な申込みチャンネルとしてはインターネットからの申込みのほか電話や無人契約機があります。いずれも消費者金融時代のノウハウをそのまま使っているため審査スピードははやく即日審査即日融資も可能です。


また銀行カードローンでは殆ど採用されていない初回利用で使える無利息期間が設定されています。無利息期間は30日のほか、5万円までの借入れであれば180日間無利息期間が設定されるものと選択することができます。5万円まで180日間無利息の場合でも5万円を超える借入れは可能で、5万円以上の金額には通常の金利が適用されます。いずれにしても実質的には金利の割引サービスを受けることができる仕組みです。


一方で銀行のカードローンであるため総量規制の対象外であり、利用限度額が100万円までであれば収入証明書の提出は不要ですし、上限年齢も70歳以下まで利用できます。さらに大きいものとしては新生銀行特有のサービスである提携ATMの手数料が無料です。またレイク専用のATMもあり、そこからも借入れや返済を行うことができます。


新生銀行は店舗を持たない経営をしている銀行であるため、お金のやり取りは提携ATMを利用して行っており負担を感じさせないために手数料を無料としています。カードローンサービスでも同様で、他社では必要とされる提携ATM手数料が不要です。

 

一方でデメリットとしては消費者金融時代と変わらない金利が設定されているという点です。金利としては、4.5%から18%であり大手消費者金融と同様のサービスになります。一方で限度額に応じて利率が決定される仕組みで限度額が少ない人ほど高い金利を支払う必要があります。特にアルバイトやパート、派遣社員の場合には年収が限られるため100万円以下の限度額になるのが一般的で、そのさいの最低利率は15%となります。このため他の銀行にあるような低金利というわけではなく金利を計算して借入れを行う必要があります。